MOTHER2プレイ日記

■サマーズ~4人目の仲間まで!

友人に町の名前って1から4までもじってあることを自慢げに話したら知ってるけど…?って返されて逆に恥ずかしくなりました。
フォーサイドについてからツーソン…スリク…ハッ!!!!ってなったんですね。誰にも言えなかったのでウキウキ止まらなかったんですね。

サマーズについてから、砂浜をうろついたり高いホテルに泊まったり、港町で自分の名前をローマ字入力したりしました。
色々あってマジックケーキというのを食べました。明らかに名前があれなんで大丈夫なの?おもってたら案の定トリップしました。

そこから4人目の仲間を操作することになりました!!!
私勝手にこのコは修行僧で身寄りがなく~みたいな設定が脳内にあったんですけどまさかの王子!
修行をしてこいということなので修行をしに行きます。
電話がすごい面白くって、おじいちゃん?おじさん?の頭に電話がのってたんですよ。
MOTHERってそういうよくわからんもの一瞬で受け入れ体制にはいれるのがいいなーって思いました。

話してるときおじさんと若干向き合うじゃないですか、絶対気まずい笑
おじさんに自我があるのかも気になりますね。…こんなにこのおじさんに触れてても話が進まない!

プーはムの修行というのをうけるそうです。
最初に女の人が呼んでくる罠?があるんですが戻るのがめんどくさいと理由でいきませんでした。絶対子供の頃だったら戻ってますよね。あーあーMOTHER2子供の頃にやりたかった。

暗闇の中に先祖の顔がでてきて腕をもいだり目を潰したり、耳をちぎったりしてきます。
もうなんなのかわからないんだけど音がエグかったり。耳をちぎったら音が消えたりするのがすごく怖い。
心を強くする修行なんでしょうか?ただひたすらダメージを受けてて恐怖。
なんとかして修業を終えて主人公たちの元へ向かいました。テレポートでいくようです。

そういえば主人公たちはラリっていたんでした。ムの修行がこわすぎてすっかり忘れてました。
そこにプーがやってきて仲間になりました。たのもしー!!!!!!

しかしプーくん装備1個もしないできた!!!!嘘でしょ!?

さっそくお守りをつけてあげましたが、すごいステータスが低いです。
これなんでこんな弱いんだろうと思ってたんですけど、どうやらプーくんは装備いらない…というか特殊な装備しかできないタイプのコみたいなんです。それ気づいたのだいぶ後でした。それまでずっと回復する人になってました。
それにプーくんは食べ物の好みも違うみたいです。王族は違うな~。こういう細かいところもいいですよね。味付け小物システムも面白いです。使いこなせないけど。バターロールに変な調味料かけてから使わなくなりましたね。

次は博物館めぐりからの海を渡り砂漠へいくところです。今回まさかの電話のおじさんの話しかしてない!?

0